多くの結婚相談所が導入している“AIマッチング”の実情とは?


入会の際に登録料を支払えばAIマッチングが利用できる

近年の結婚相談所には、“AIマッチング”をウリにするという特徴が見受けられます。結婚相談所の仲介スタッフが男性と女性をマッチングするのではなく、AIが行うのです。AIマッチングというワードを目にすると、高機能のシステムが導入されているような印象を受けますが、実情はどうなのでしょうか。

まずAIマッチングを利用するにあたって、入会者が別料金を支払う必要はほとんどありません。多くの結婚相談所が初期費用として入会金と登録料を設定しているのですが、AIマッチングの利用料はこの登録料に含まれているのです。ちなみに入会金の相場は3万~5万円で、登録料の相場は1万~3万円となっています。またAIマッチングの利用自体は無料でも、マッチングした人とお見合いをした場合は別途でお見合い料を請求する結婚相談所もあります。

人工知能の分析にも限界がある

AIマッチングでは最初に趣味や性格などについてたくさんの質問が実施されます。そして人工知能がその多分野にわたる情報を分析し、入会者に合いそうな相手をピックアップするのがAIマッチングなのです。ただし趣味の項目で“お菓子作り”と回答した場合、毎日のようにお菓子を作っているのか、それとも週末だけ手の込んだお菓子を作っているのか、ということまではAIが分析できないことがあります。どんなに高機能のAIであっても、回答の範囲を超えていることの分析は困難なのです。

入会者はこうした人工知能の限界を把握したうえでAIマッチングを利用することが推奨されます。結婚相談所ではAIマッチングがトレンドになっていますが、それは理想の相手と出会うための絶対的なものではなく“補助的”なものだと捉えておきましょう。

結婚相談所に登録をしている人は、結婚と真剣に向き合っている人しかいないので、効率的に運命の相手と出会うことができます。また、振ったり振られたりする精神的ダメージも少なく済むので、次へと進みやすいです。