どんな所に差が出る?神前式と教会式の様々な違い


挙式に掛かる費用の違い

一口に結婚式と言っても挙式のスタイルによって様々な部分に違いが出ます。日本で古くから行われている神前式とキリスト教式と呼ばれることのある教会式の大きな違いの一つが金額です。神前式は結婚をする家同士の繋がりを重視することから、参列者は親族のみが基本となります。そのため、式に掛かる費用は平均で20万円程度の予算で納めることが可能です。それに対して教会式は親族だけでなく親しい友人や会社の上司なども出席できるため、費用が高めになる傾向があります。場所や参列する人数によっては数十万円近く掛かってしまうケースも珍しくありません。

衣装や式ならではの特徴の違い

神前式は日本の伝統を重んじる挙式のため、白無垢、色打掛といった日常できる着物よりも豪華な和装スタイルが基本です。式の内容も祝詞奏上や三々九度の盃など和風の儀式がメインとなります。祝い事というよりも決められた儀式を行うというイメージなので全体を通して厳かな雰囲気で進むのが特徴です。あまり派手な結婚式にしたくないという人に最適です。

一方、教会式はタキシードや純白のドレスといった洋装で行われます。煌びやかなステンドグラスで囲まれた教会でフラワーシャワー、ライスシャワーなど出席者が式を派手に盛り上げるのも教会式ならではの魅力です。たくさんの人に祝福をしてもらって盛大に祝いたいという人に向いています。ただし、教会式では愛の誓いとしてキスをする必要があるので、人前ですることに抵抗がある場合は気持ちの整理を付けておかなくてはいけません。

神前式は神社やお寺で行われる結婚式のことです。どこの神社やお寺でもできるというわけではないので、できるところを探して申し込みをしましょう。